自己破産してもクレジットカード作れる?

みなさんは、自己破産についてご存知ですか? 多重債務によって借金を返しきれなくなってしまい 「自己破産」したという話を聞くことがありませんか? 自己破産は、債務超過に陥った人がどうしても借金を返済できないと裁判所に申し立てをして、 生活に必要とされるもの以外、処分可能な財産を全部処分してしまう代わりに その時点での債務をすべて免除してもらえることです。
破産宣告をした以降の収入や財産は自由に使えるようにして、 自己破産のデメリットとしては、不動産など資産を持っていて事業をそこでしていた場合、 不動産を失うので職も同時に失ってしまうことになります。
しかし、一旦免責を受けたら7年間は自己破産できなくなります。
また、自己破産してから7年間はクレジットカードを作ることも、ローンを組むこともできません。
他にも、長期の旅行をする時や引っ越しをする時にも、裁判所からの許可が必要となります。
万が一、自己破産をする際には、弁護士に依頼するといいでしょう。
弁護士に依頼すると、いくつかのメリットがあるからです。
それは、債務者に弁護士の着任通知が届いたら、督促が止まるということです。
弁護士に依頼することで自己破産の申し立てをする書類も、 自分で作るより確実でスムーズに作ってもらえるので安心ですよね。