住宅ローンの返済と現金の扱いについて

住宅ローンの支払いを長い間していると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

住宅ローンランキング!おすすめ銀行は?【2017年5月最安金利】