住宅ローンの借り換えの際、優遇金利とは?

住宅ローンの借り換えとは、今の住居に住み続けることを条件に今より有利な条件のローンに変更することで、基本的に他の金融機関に変更することになります。
金融機関では借り換えに力を入れており、優遇金利を提供しているところも多いです。
優遇金利を利用する際、物件残高の20パーセント以上の頭金の用意、銀行振り込み口座の設定、公共料金引き落とし設定、金融機関発行のクレジットカード申し込みの4点が指定されており、注意点としてこれらの条件を満たさないと優遇金利は適用されないです。
優遇金利の幅は金融機関や金利のタイプによって異なり、利用する側にとっては金利優遇後に適用される金利に目が行きがちです。
適用期間内は金利が低くなるものの、期間が過ぎると基準金利が下がらなくても優遇幅が縮小するため、適用される金利が高くなることが注意点です。
後に困らないためにも、基準金利や優遇される率、返済額の変更時期を利用する前に把握しておくことが大事です。