看護師の求人条件は交渉できる?

【今は看護師求人が多い時だけに求人側との条件交渉が必要】看護師求人が非常に多い昨今では、求人側より求職側の方が圧倒的に有利な状態にあるのは明らかです。
何しろ求職者の4倍もの求人があるのが今の看護師の世界なのですから、就職や転職をする人に対しては、まさに引く手あまたと言ってもいいくらいなのです。
こんな状態だと、「いったいどこにしたらいいのか」と、応募先の選択すら迷ってしまうほどです。
つまり看護師にとって今は完全な買手市場になっているのです。
これほど求職側に有利な時ですから、雇用条件については求人側が示す条件をそのままストレートに呑むのではなく、面接などのときに条件交渉を行い、できるだけ良い条件を求人側に引き出させるように仕向けることも大切です。
何しろ病院側としては今は深刻な看護師不足に直面しているはずですから、良い人材と認めれば、条件を一段上げても採用したいと考えるのではないでしょうか。

したがって遠慮せずに好条件を提示してみることも必要です。